ネイリスト求人の見方|無資格で働くためには

現場を纏める仕事

作業員

色んな能力が求められる

建築現場は大工や左官、電気工事、設備工事と様々な職人が入り乱れ、それぞれの仕事内容に従って動いています。しかし、これを放置すると互いの領域に踏み込んで邪魔をしたり、資材が不足して工期が遅れるといったトラブルが発生します。こうしたトラブルを避けるために必要なのが、経験や実績を兼ね備えた現場の纏め役となる現場監督となります。日本の建築業界は不景気と言われていますが、稼働する建築現場の数は年々増えており、頻繁に新築ビルやマンションが立ち並んでいます。また、現場監督が働くのは建築現場だけでなく、土木工事や造園工事などでも必要とされています。そのことから求人でも常に募集されているので、後は要件を満たして採用されるだけとなります。問題は採用されるかどうかですが、現場監督に必要とされる資格は建築士および建築施工管理技士となります。一級でも二級でも資格さえあれば有利と言えますが、一級なら建物の制限がなく、大きな現場にも対応できることから採用基準は高めと言えます。資格の条件を満たせるのであれば、後は実績や能力を見てもらうことが大切になります。現場監督に求められる能力は、人を纏め上げるだけでのコミュニケーション能力、そして不測の事態が起こっても対応できる臨機応変さと言えます。臨機応変の能力を判断するのは難しいですが、前職で営業などをしているのであれば、コミュニケーション能力は高く買ってもらうことができるのでアピールしましょう。また、現場監督には資材の発注や予算配分といったデスクワークもあるため、事務処理ができるなら採用に有利となります。